コミュニティ・オブ・プラクティス―ナレッジ社会の新たな知識形態の実践 (Harvard Business School Press)

エティエンヌ・ウェンガー/リチャード・マクダーモット/ウィリアム・M・スナイダー/櫻井祐子/野中郁次郎/野村恭彦

1 comment

サンチャイ☆ブログ(         )

サンチャイ☆ブログ( ) ... 本書でいう「コミュニティ・オブ・プラクティス(実践コミュニティ)」とは、著者のエティエンヌ・ウェンガーが1991年に発表したコンセプトで、彼らは ... そんな中でちょっと本書で目新しいと思ったのは、こうしたコミュニティ形成を評価する手法に関 ...


フューチャーセンターをつくろう ― 対話をイノベーションにつなげる仕組み

野村恭彦

2 comments

セミナー事務局の機知 wit

セミナー事務局の機知 wit ... 本書には、アイデアが実現するための要件が提示されています。だましのワークショップは、いずれかのプロセスにおいてこの要件がハヌケになっているため起こるのだとわかりました。 ...

蔵前トラックⅡ

蔵前トラックⅡ ... 本書はめくるめく「フューチャーセンター」とは何か、そしてその「場」から何を生み出し、生かすのかを表している。 第1章「フューチャーセンターとは何か」 「フューチャーセンター」そのものが誕生したのは1990年代に北欧の国々で「知識経営(ナレッジ ...


アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント

平鍋健児/野中郁次郎

1 comment

柴田 芳樹 (Yoshiki Shibata)

柴田 芳樹 (Yoshiki Shibata) ... 「スクラム」という言葉は、本書の共著者である野中 郁次郎氏が竹内弘高氏と共著した"The New New Product Development Game "(Harvard Business Review, 1986)で用い ... 本書に掲載されているインタビューで、ソフトウェア開発のためのより良い組織構造 ...


戦略の本質 (日経ビジネス人文庫)

野中郁次郎/戸部良一/鎌田伸一/寺本義也/杉乃尾宜生/村井友秀

2 comments

京都プランナー日記

京都プランナー日記「戦略」とは何か。そしてその「本質」とは何か。 このテーマは仕事人として人生を生きていくにおいてとても大切なことですが、普段なかなか意識することが難しいものでもあります。 ...

こんなものを買った。

こんなものを買った。 ... 著者は、本書が示す解決策の実践は簡単ではなく、多くの人が最初は抵抗を感じるかもしれないと断っています。ただ、それだけに、「もし読者が解決策を実行できれば、多くのライバルから抜きん出ることができる」と言います。 ...


知識創造の方法論―ナレッジワーカーの作法

野中郁次郎/紺野登

1 comment

京都プランナー日記

京都プランナー日記 ... 本書の面白い点は、いわゆる知識循環プロセスを経営的観点から活かしていく根本において、哲学の視点を非常に重視していること、そのことにより理論がいわゆる単なる手法ではなく、より深みと汎用性のある方法論に昇華されている点にあります。 ...


世界の知で創る―日産のグローバル共創戦略

野中郁次郎/徳岡晃一郎

1 comment

電気羊:新婚コンサルのビジネスメモ&読書感想文

電気羊:新婚コンサルのビジネスメモ&読書感想文 ... そのベースにはグローバル対応やコトづくりの様々な取り組みも行っていたことが本書を読めば分かる。日本企業の取り組みに数多くの示唆を与えてくれる。 ■ポイント ・日産が構築した世界の知で創るしくみの特徴 -グローバル知識綜合 -思いのある ...