色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上春樹

6 comments

団長の五感ブログ★

団長の五感ブログ★ ... 音楽について話をする 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです これらは、書評を書いたり、 ラジオ番組で紹介したこともあります。 文章も、モノの考え方も好きですね。 あと、もう書店では入手できないんですが、 非常に気に入ってるのは、コチラ。 ...

Feel in my bones

Feel in my bones ... 以下、『多崎つくる』の感想を書くのだが、書評ではなく紹介記事でもないので、読んでもストーリーはわからないが出てくるキャラクターや事件についての内容は当然ながらいわゆる『ネタバレ』になるので、これから読もうという人はご注意いただきたい。 ...

アルカンタラの熱い夏

アルカンタラの熱い夏 ... に近いものを感じます。おもしろいですよ。 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 [単行本] 著者:村上 春樹 出版:文藝春秋 (2013-04-12) 関連リンク 極東ブログ - [書評]色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(村上春樹 ...

もっとみる


走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

村上春樹

1 comment

Namuraya Thinking Space

Namuraya Thinking Space ... さて、本書は筆者である村上春樹が「走ること」について語った本である。ストイックな作家だとは思っていたが、これほどまでとは思わなかった。やはり優れた作品を書く作家には、独自の世界観やポリシーがある。 ...


村上春樹 雑文集

村上春樹

1 comment

爆走一番星☆

爆走一番星☆『村上春樹 雑文集』 村上春樹 著 インタビュー、受賞の挨拶、海外版への序文、音楽論、書評、人物論、結婚式の祝電――。初収録エッセイから未発表超短編小説まで満載の、著者初の「雑文集」!(Amazon内容紹介より) 村上春樹の本を読む ...


1Q84 1-3巻セット

村上春樹

1 comment

Electric Cafe

Electric Cafe ... 本書が初春樹である。かなり話題になったけど読む機会はなかなか無かった。本書は最近知人より借りる機会があったので、ノーベル賞に近いとされる大ベストセラー作家の作品とはどんなものなのか興味に惹かれ読みました。 ...


海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

村上春樹

1 comment

白井京月の書評ブログ

白井京月の書評ブログ海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2005/02/28 メディア: 文庫 購入 : 21人 クリック : 924回 この商品を含むブログ (969件) を見る ...


夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫)

村上春樹

2 comments

思考だだ漏れノート

思考だだ漏れノート夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです/村上春樹 読書メモ  1997年から2011年までのものをまとめた、村上春樹初のインタビュー本。 夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫) 作者: 村上春樹 出版社/メーカー ...

賢者の図書館 (Under Construction)

賢者の図書館 (Under Construction) ... また本書を読むまで、『海辺のカフカ』が『 世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 』の続編を意識して書かれたものとは知らなかった。厳密には続編ではないのだけど。本書を読むことで、主に『 ねじまき鳥クロニクル 』以降の作品からの著者 ...


1Q84 BOOK 1

村上春樹

1 comment

にょきにょきブログ

にょきにょきブログ ... あらすじは Wikipedia に任せるとして、本書は"現実の世界"と"1Q84"の2つの世界がある。通常、我々が物語を読む際は当然、物語として読むわけであるが、本書の場合、登場人物達にとって 1Q84 という別世界があることによって ...